유래시조파 소개항렬표역사 속 인물시제/향사
  항렬표 신천강씨 역사 > 항렬표
         
우리 신천 강씨는 조선 초부터 곡산, 재령 등과 같은 별관으로 나누어졌고, 조선시대에 왕자의 난 및 여러 사화에 연루되면서 자의 반, 타의 반으로 세거지를 옮겨 전국 각지에 거주하게 되었습니다.

또한 본관(별관 포함)에서 볼 수 있듯이, 문중의 주 거주지가 황해도, 평안도, 함경도 등 현재 북한지역에 주로 분포하고 있었기에 현재도 많은 수의 우리 문중 사람들이 거주하고 있을 것으로 추정하고 있으며, 특히 한국전쟁 시, 다수의 문중 사람들이 월남하면서, 각 파마다 보유하고 있던 족보, 세보, 문집 등을 많이 분실, 유실하기에 이르렀습니다.

이러한 사유로 인해 우리 신천 강씨는 문중 전체의 일정한 항렬이 없고, 각 별관, 각 파와 문중별로 독자적으로 항렬을 정하여 이름을 지을 수밖에 없었으며, 이에 여기서는 현재까지 각 파와 문중별로 파악된 내용을 정리해서 등록하였습니다.

2) 돈암공파

35世 36世 37世 38世 39世 40世 41世 42世 43世
○榮
○植
炳○
炯○
○坤
○均
鉉○
鎬○
○淳
○湜
秉○
秀○
○黙
○熙
在○
奎○
○錫
○善
44世 45世 46世 47世 48世 49世 50世 51世 52世
永○
洛○
○東
○根
魯○
大○
○圭
○喜
鎭○
欽○
○浩
○洙
楠○
彬○
○熹
○然
在○
壽○

 

6) 금천파

30世 31世 32世 33世 34世 35世 36世 37世
○元 ○五 錫○ ○涥 昌○ ○基 鐘○ ○洙

 

11) 안주파

27世 28世 29世 30世 31世 32世 33世 34世
四○ ○華 八○ ○周 就○ 志○ ○裕 性○
35世 36世 37世 38世 39世 40世 41世 42世
○熙 ○國 ○鉉
○龍
○永 ○模 ○燮 ○鉉 ○鎬

 

13) 연기파

35世 36世 37世 38世 39世 40世 41世
○喆 錫○ 載○ ○鎭 永○ ○植 炳○
42世 43世 44世 45世 46世 47世 48世
○基 鎔○ ○浩 ○浩 ○烈 壽○ ○鉉

 

16) 남포파

33世 34世 35世 36世 37世
濟○ ○相
○植
義○ ○奎 錫○
38世 39世 40世 41世 42世
○洙 榮○ ○熙
○勳
圭○
基○
○鎬
○鉉

 

19) 만경파

27世 28世 29世 30世 31世 32世 33世
時○ 世○ 思○ 民○ 以○ ○默 德○
34世 35世 36世 37世 38世 39世 40世
○錄 淙○ ○相
恭○
炳○
熙○
○城 鍾○  

 

20) 보령파

34世 35世 36世 37世 38世 39世 40世
○顯 基○ ○鍾
○善
泳○
準○
○植 熙○ ○埈
○培
41世 42世 43世 44世 45世 46世 47世
鈞○
鉉○
○求
○丞
根○
株○
○煜
○熙
在○
赫○
○鈱
○欽
滋○
昶○

 

23) 평택파

30世 31世 32世 33世 34世 35世
泰(클 태) 福(복 복) 祐(도울 우) 熙(빛날 희) 麟(기린 린) 漢(한나라 한)
36世 37世 38世 39世 40世
一(한 일), 植(심을 식) 燮(불꽃 섭) 基(터 기) 鎭(진압할 진) 世(인간 세), 碩(클 석), 景(볕 경)

 

26) 발산파

35世 36世 37世 38世 39世 40世 41世 43世
錫○ ○洙 來○ ○燮 ○基 ○鉉 永○ ○相